ニンテンドー64を売る

ニンテンドー64は売らずに姉に譲ってあげた理由!

 

小学生くらいの頃よく遊んでいたゲームはニンテンドー64のやっぱり任天堂製品のソフト群でした。

 

「ゼルダの伝説 時のオカリナ」「スーパーマリオカート64」「スターフォックス64」……このあたりですね。とくにマリカーとスターフォックスは対戦機能があるので仲間内、家族内で遊べました。

 

……いやまぁ、まだ一発逆転がアリ操作が簡便なマリカーは家族でも遊べましたが、3Dフライトシューティングのスターフォックスはそもそも操作すらまっとうにできないってので、仲間内でしか対戦できませんでしたけれどね。

 

3D表現能力が格段に向上したゲームハードである64は、あっちこっちで3D酔いを頻発させていましたね……私は乗り物酔いにもやたら強いので屁のカッパだったのですが。あ、ちなみに3DSの3D機能は普通に酔いますw

 

しかしあの頃は急激にゲームハードが進化した時期だったので、いつの間にか遊ばなくなり、さりとて思い出深いソフトなので売ることもなく大分長いこと家の倉庫内に眠っていました。

 

そんなある日、社会人となって独身生活を送っている姉から「確か64のソフト持っていたよね?とくにマリカーなんだけど、譲ってもらえない?」という連絡が入ってきました。

 

ホームパーティー好きの姉は、よく友人や同僚を自宅に呼んでちょっとした食事会をよくするのですが、その時にみんなでワイワイ遊べるゲームソフトの一本くらいあればなー、という話でした。私の姉なので当然同世代なので、そりゃマリカーも懐かしい程度に遊べるよなー、ということで快く譲りました。

 

ただし、やっぱりスターフォックスは残されました!面白いんだけどなー……やっぱ酔うんだよなぁ、このソフト……。

 

必見!ニンテンドー64を売るのにおススメのサービスとは!?